So-net無料ブログ作成
検索選択

Life Partnerの目指す社会 [目指す社会]

Life Partnerの目指す社会
 人型ロボットが注目されていますが、話しかければ画面上で動き話すキャラクター(バーチャル パートナー)としての新情報端末Life Partner(ライフパートナー)の目指す社会の概要について表明します。地域格差の減少および生活弱者救済のため、以下のようなことを実現していただきたいと思っています。
 自然豊かな環境で生活をしたくても、医療や教育などに不安を感じて踏み出せない人が多いと思います。それを解消できれば、過疎に歯止めをかけたり、里山を守ることが出来ます。

1. 医療
 インターネットによるTV電話による、予約・診察・救急診療が受診できることを目指しています。過疎地医療や通院困難者のためにインターネット、TV電話によるインターネット病院に利用出来ます。このような遠隔診療は、既に実現されている国も有ります。
 その時に、患者側の端末装置として活用できます。その診断内容により、緊急時は、ドクターヘリ等による救急搬送の対応も可能になります。
 これにより、住む場所による医療リスクの地域間格差を減らす事ができます。

2. 教育
 児童数減少による学級閉鎖が相次いでいます。これにより、過疎化に拍車が掛かっています。インターネットによる授業により、児童の通学負担を減らすことが可能となります。
 例えば、地域の主たる学校(本校)の授業を、児童数の少ないサテライト校に配信して、学級閉鎖をしないで、従来通りの通学により授業を受ける事ができます。テレビ会議の応用により、本校の学級で授業参加が可能です。サテライト校では、PTAなどが児童をサポートする必要は有ります。
この時の通信環境として、利用できます。
 これにより、住む場所による教育の地域間格差を減らす事ができます。

3. 生活用品購入
 過疎やスーパーへの買い物が困難な所謂生活弱者の方に、生活用品を届けるシステムを構築して、生活の質の向上を図ることができます。
 インターネットサイトの音声変換、音声入力のテキスト変換により、音声で商品を注文するシステムが可能です(これについては、国際標準化が待たれます)。配達に関しては、郵便配達等による全国配達が可能です。
 この時の商品購入環境として、利用できます。
 これにより、住む場所による生活用品購入の地域間格差を減らす事ができます。

4. 緊急連絡
 緊急放送は、スピーカー放送により行われている自治体が多い様です。その内容を緊急メールで、同時に伝える事ができます。緊急メールは、配信時に自動的に音声で通知する事も可能です。
 スピーカ放送では聞き取り難かったり、聞き逃す恐れがありますが、緊急メールなら随時確認できます。メールの音声操作は、既に実用化されています。音声のテキスト変換で応答メールを送信すれば、安否確認も容易となります。
 この緊急連絡を音声で行う送受信端末として利用できます。

5. 高齢者生活支援
 画面上のキャラクターと会話をする事により、疎外感を和らげて健康長寿をサポートする事ができます。例えば、単身生活をしている高齢者の話相手として、簡単な会話が出来ます。(既にこれは、スマートフォン等で実現されています。iPhoneのsirなど、挨拶や早口言葉、歌などもしてくれます。)
指示をすれば、ラジオ体操などの健康体操をテレビ画面を見ながら行う事が出来ます。
 毎朝の挨拶を自治体の福祉担当者にメール連絡する事ができれば、健康で生活しているかを知る事ができます。また、手助けが必要な時に、音声でメール連絡も可能となります。
 高齢者の健康長寿をサポートする端末として、利用できます。

6. テレビ電話による見守り
 テレビ画面を利用したテレビ電話により、遠く離れた家族の様子を知る事が出来ます。孫の顔を見られたり、生活のアドバイスが出来ます。音声操作で有れば、誰でも利用出来ます。仕事のため、子供を家に置いておく不安を和らげる事も可能です。
 遠く離れた家族を結び、お互いをサポートする端末として利用できます。

 以上ですが、このような社会が早期に実現できるよう、宜しく御願い申し上げます。

平成27年10月20日 木村 俊弘


rev.1. 9.June.2016
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0