So-net無料ブログ作成
検索選択

いじめ防止にテクノロジー活用を [教育]

 いじめ問題が取り沙汰されるようになってから暫く経ちますが、根本的な解決策は示されて居りません。日本のテクノロジーを持ってすれば、根本的な解決策が実現出来ると思います。
 

 今や、安全確保のための監視社会になっており、街路やコンビニ、スーパー等の自治体や各店舗が、独自に監視カメラを設置しております。衛星画像の精度は、1m程度と伝わっています。現在の最新軍事衛星では、より精度の高い画像となっているものと推測されます。家の外に出れば、監視装置で誰かに必ず見られていると考えて行動した方が良いでしょう。

 
 このような社会の中で、テクノロジーを活用し、児童のいじめ防止に役立つシステムを活用される事を望みます。とは言え、児童ポルノに悪用されたり、児童の人権が侵害されるのは、問題が有ります。考えられるのは、音声だけを機械的に監視し、特定のNGワードが出現した時に、数分前から録音(文書にて保存)するような装置が導入されれば、自殺や不登校などが未然に防止出来るでしょう。
 
※現在の監視カメラは画質も向上し、暗視や音声録音機能が有ります。画像の変化や音声を検知して、その以前の時から録画(録音)する装置は市販化されています。

 
 また、音声を文書化する技術も実現されていますので、音声だけに絞れば、児童の保護者にも御理解頂けるシステムが実現出来ると思います。児童が他人に対し、してはいけない事を教えるのも教育の一環でしょう。その時の伝え方を含め、テクノロジーを活用した制度が早期に実現され、

心無い発言により傷つく児童が無くなる事を願っております。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0