So-net無料ブログ作成
検索選択

国際化に向けての英会話学習について(英語耳) [教育]

 国際化社会で活躍するには、英会話が必須条件となっています。ここに、英会話学習を進める手段として、英語耳とYoutubeの活用についてお伝えいたします。

 英語の学習について、外国人の発音が聞き取り辛く、英会話が苦手の方が多いようです。それは、英語の周波数帯と日本語の周波数帯が異なるということが大きな要因である事が定説のようです。子供は聞き取れても、日本語での生活に慣れてくると、普段聞き慣れない周波数帯のため、聞き取り難くなって来ます。

 色々な学習法が有りますが、その中で私が一番よく英語を聞き取れるようになるという体験をしたのは、英語を一度早く聞き、その後ゆっくり聞き、英語耳にするという方法でした。現在のYouTubeでは、外国人が作成された字幕付きのものがありますので、それを効果的に利用することができます。

 YouTubeでは、動画の再生速度を変えることができ、0.25倍、0.5倍、標準、1.25倍、1.5倍、2倍と再生速度を変更することができます。最初に1.5倍の速度で聞いた後に、標準で聞くとゆっくりハッキリ聞こえます。また英語の字幕付きで有れば、日本語に翻訳した字幕を見る事ができますので、有効な学習手段であると思います。専用の教材では無いので、現段階では日本語訳が(意味は分かりますが正しい日本語で無い場合が多いので、専用教材よりは効率は悪い感が有ります。

 ・High school Life in Japan (+ school tour)~日本で学生の生活とツアー
 ・A Day in the Life of a Japanese University Student
 ・My Japan Lifestyle - Intro
 上記サイトにその例が有ります。確認してみてください。

英語学習(2) 外国人が日本語を覚えた方法 [教育]

 本日の新聞で、「TOEICテストの出題形式を一部変更」を知りました。前回英語耳について紹介しましたが、外国人が「私は、このようにして日本語を覚えました。」というYoutube動画をご紹介します。

1.URL
 How to Learn Japanese 私はこうやって日本語を覚えました | Sharla in Japan

2.設定の方法
 Youtubeの設定(歯車)マーク(画像の黄色枠線で囲っている部分)をクリックすると設定用小枠が表示されます。。
設定

3.字幕の設定

(1)字幕の設定画面
 字幕は、英語の場合は自動表示、表示言語指定、(使用しているPCの言語に合わせた)自動翻訳で表示できます。
字幕

(2)英語字幕を選択した例
 字幕で英語を選択すると、英語字幕が表示されます。
英語で作成したYoutubeの場合、自動生成で英語字幕が表示されるようです。自動翻訳にすると、PCの言語設定が日本語の場合には、自動翻訳された日本語字幕が表示されます。
英語字幕の設定

4.速度の設定
 再生速度の設定画面です。早く聞いたり、ゆっくり聞いたりできます。
速度

 このURLページには、日本に居る外国の方の色々な動画が有ります。外国の方が、日本(文化)をどのように感じているか、参考になると思います。

 ※ 外国のお友達を探す場合に、恋愛目的で無い場合は、自己紹介に"not romance"を明記してください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

いじめ防止にテクノロジー活用を [教育]

 いじめ問題が取り沙汰されるようになってから暫く経ちますが、根本的な解決策は示されて居りません。日本のテクノロジーを持ってすれば、根本的な解決策が実現出来ると思います。
 

 今や、安全確保のための監視社会になっており、街路やコンビニ、スーパー等の自治体や各店舗が、独自に監視カメラを設置しております。衛星画像の精度は、1m程度と伝わっています。現在の最新軍事衛星では、より精度の高い画像となっているものと推測されます。家の外に出れば、監視装置で誰かに必ず見られていると考えて行動した方が良いでしょう。

 
 このような社会の中で、テクノロジーを活用し、児童のいじめ防止に役立つシステムを活用される事を望みます。とは言え、児童ポルノに悪用されたり、児童の人権が侵害されるのは、問題が有ります。考えられるのは、音声だけを機械的に監視し、特定のNGワードが出現した時に、数分前から録音(文書にて保存)するような装置が導入されれば、自殺や不登校などが未然に防止出来るでしょう。
 
※現在の監視カメラは画質も向上し、暗視や音声録音機能が有ります。画像の変化や音声を検知して、その以前の時から録画(録音)する装置は市販化されています。

 
 また、音声を文書化する技術も実現されていますので、音声だけに絞れば、児童の保護者にも御理解頂けるシステムが実現出来ると思います。児童が他人に対し、してはいけない事を教えるのも教育の一環でしょう。その時の伝え方を含め、テクノロジーを活用した制度が早期に実現され、

心無い発言により傷つく児童が無くなる事を願っております。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校